ライフハック

コップの水を飲みほす人間は富裕層にはなれない、とは?資産運用の極意

コップの水が半分溜まったところで水を飲みほしてしまう人間は、富裕層にはなれない。
コップに水がたまって、しかも水が溢れ出したところでようやくそのあふれた水を飲む人間が、富裕層になれる。

これは「マルサの女」という映画で発せられたセリフだそうです。(私は映画は見たことはありませんが。)

これの意味するところは
お金を入った分だけ使ってしまうのではなく、
お金を貯めに貯めに貯めて、その上で資産運用して利回りで手に入ったお金を使う人間が富裕層になれる
という話です。

ちなみに、私はこの考えを
『大富豪が実践しているお金の哲学』
という本で読みました。

大富豪になるためのマインド、すべての行動の判断基準となるような大切なことが書かれています。

 

こんな”あなた”に読んでほしい
  • 金持ちといえば とにかく高い時計や車にお金をつぎ込むイメージがある
  • お金に心配することのない 生活を手に入れたい

スポンサーリンク

コップの水を飲むとは、入ってきたお金をすぐさま使ってしまうこと

コップの水が半分入ったところで飲み干してしまう、というのは
毎月毎月入ってくるお金は、入ってきたぶんだけ使ってしまうようなことを指します。

入ってきたぶんだけ

  • 服を買う
  • 時計を買う
  • 家具を買う

そして、入ってくる金額が増えたらすかさず

  • 家賃をあげる
  • 着てる服の相場をどんどんあげてく

こういうことをするのが、コップの水を飲むと言えるようなお金の使い方に相当します。

スポンサーリンク

コップの水は溢れてきてはじめてその水を飲む、とは

これはお金を貯めに貯めに貯めて、それを資産運用した利回りで生まれたお金を使うことを意味します。

コップがいっぱいになるまで辛抱強く水をためて、
溢れてきた水を飲む。

この例えは本当に秀逸です。
資産運用の利回りっていうのは、現実的なものだとだいたい年利数パーセントですね。
3%とか、高くて8%とか。

例えば、100万円の年利5%って言ったら年5万円ですよね。
本当に、あふれてきた少量の水のようなものです。

お小遣いにはなりますが、生きていくことを考えると、とても足りたもんではありません。

ですが、元手の金額を大きくすればどうでしょうか。
極論ですが、5億円あったら年利5%の資産運用だけで年収2500万円です。凄いですよね。

ひとつの目安となるのは資産五千万円ですね。
これで年利3~5%で運用できれば、毎月20万円前後入ってくるようになって、とりあえず生活はできるようになります。

もちろん、私が望んでいるのは圧倒的にこちらの生き方。
とにかく若いうちに資産を形成します。

とはいえ、資産を形成するためにひたすらに節約節約ばかりだと、若い時間を浪費することになり本末転倒。
ですが、好き放題お金を使っていたら、それこそコップの水を飲むような生き方になってしまい
とてもじゃないけど資産形成なんてできっこないわけですよね。

ということで、私は稼げるお金が増えたとしてもお金を使うべきところ、使わないところがぶれてしまわないようにしっかり軸をここに書き記しておいています笑

今後の人生、お金についてちょっと悩んでいるという人には、参考にはなるかと思います。

あわせて読みたい
賢いお金の使い方!東大生が考えるお金の計画自分の思う、賢いお金の使い方 お金を稼いだらどう使うか! これって、人によってけっこう答えが違いますよね。 ...

コップの水を、飲むか、貯めるか。見た目は同じでも中身はまるで別物

ありったけの給料をつぎ込んで豪華な生活をすることと、
資産運用で生まれたお金を使って豪遊するのとでは、

見た目はどちらも同じ金持ちに見えるかもしれませんが、中身がまるで違います。

やっぱ皆さん、金持ちのイメージって言ったら

豪邸、いい時計、いい衣服、いい車、いい食事

みたいなイメージがあるんじゃないでしょうか。
(若干、バブル自体みたいな昔ながらなイメージではありますが笑)

実際、今でもお金持ってる人はこういうところにお金を使いますよね。

ただ、平均年収の2倍ぐらいは稼いでるよという人が、給料をつぎ込んでそういう高級なものにお金を使って資産が一向に増えないのと、
資産を十分に作って、資産運用で利回りがあり、余っているとすら言える金をそういった嗜好品に使う人とでは、中身はまるで違います。

そもそも、めっちゃお金持ってる人って、節税のために高い車とか別荘とか買いますからね。
そういう理由があって大金を使っているのを、ただ外面だけ真似して給料つぎ込んで買うようなことすると、おそらく今後はなかなか厳しい戦いになるかと思います。

働ける間は、多少イヤになる時期があってもひたすらに働き続ける仕事人間的な感じならいいと思うのですが
自分は間違いなくそこまでのバイタリティはないので・・・
コップの水をためる方向で、いきます。

 

コップの水 まとめ

 

まとめ
  • コップの水を飲むとは、入ってきたお金をほぼ使い果たしてしまうこと
  • コップからあふれた水を飲むとは、資産運用して生まれたお金を使うこと
  • 豪華な生活をするにしても、前者か後者かで中身はまるで別物。

 

つるぎ(@Ganbardreamer)でした!

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA