考えたこと(オピニオン)

こだわりを捨てるべき理由。無駄なこだわりで人生を窮屈にするな

最近うすうす感じてるんだけど、
無駄なこだわりを持ってると、へんなとこにイラっとしたり他人の言動が許せなくなったりして
心がすり減るだけなんじゃ・・・?

そう感じているあなたへ向けて

つるぎ
つるぎ
無駄なこだわりなんてないほうがいいんだ!

という、私がいつも感じていることを力説します!笑

 

つるぎ
つるぎ
極端ですが、自分は『こだわりを持たないというこだわり』
だけあればいいでしょ、とすら思っています。

 

 

あ~、やっぱ自分以外にも似たようなこと考えている人いるんだ。

こだわり、なくてもいいよね。

そんなことを思いつつ読んでみてください!

 

 

 

 

スポンサーリンク

謎のこだわりを捨てる。ありがちな例

無駄なこだわりとしては、例えば

  • 自分は何があっても Apple 製品しか使わない!
  • 自分は何があっても任天堂のソフトはやらない!(中学生がなりがちですね)
  • 自分は何があっても紙の本しか読まない!電子書籍は使わない!
  • 自分は何があってもポケモンGoはダウンロードしない!(1年半くらい前だとタイムリーな話題でしたね)
  • 自分が何があってもハロウィンみたいなイベントには参加しない!
  • 自分は何があってもバレンタインという商業主義に踊らされるようなことはしない!
  • 自分は何があっても黒髪かつロングかつ、しかもストレートの子しか認めない!

あたりですかね。

 

人生を窮屈にするだけの無駄なこだわりって、たくさんあります。

無駄なこだわりで自ら人生を窮屈にしている人、たくさんいます。

 

 

こだわりを捨てると、『とりあえず試す』ことができるようになる。

こだわりって、いざアンロックしてみると

(あっ、これどうでもよかったな・・・)

っていうのがめちゃくちゃ多いんですよ。

無駄なこだわりを持って、何かを試そうともしないっていうのは本当にもったいないことだと思います。

 

例えば電子書籍だったら、

電子書籍は何かね~。紙の本と違って買った感がないよね~(とかいいつつ電子書籍1冊も買ったことない)

とか言ってないで

 

とりあえず1冊買ってみる。

すると電子書籍の良いところにも気づくだろうし、

思っていたよりよかったらもっと積極的に電子書籍を買ってみる。

 

しっくりこなかったなら、次からまた紙の本に戻す。

それでいいじゃないですか。

 

無駄なこだわりを捨てるとストレスも減る

こだわりの強すぎる人は変なプライドみたいなのも持ってますので

スポンサーリンク

ぶっちゃけ気になっているけど試すことができなくてストレス感じてる、なんて人もけっこういます。

いや、誰に強制されているわけでもないんだからとりあえず試せばいいのにって思うのですが。

怒り, だろ, 抑圧, 記事, 絵, プレス, いじめ, 拳, 破壊

たとえばポケモンGoが流行ったときだと

 

いや俺は断じてポケモンGOはやらない。

流行りものをやるのはなんとなく負けた気がする

 

とは言ったものの

(これだけ周りがやっているとなると、正直自分もやってみたい・・・

しかし、やらないと心に決めてしまった以上、それを破るのは自分のプライドが許さないのでやらない。

 

けど周りでやってる人を見るとやっぱ気になる!けどできない!なんかストレス!!!)

 

みたいな感じになっていた人、実はけっこういたんじゃないでしょうか?

 

ポケモンGoはあくまで例で、似たようなことはいろんなところで起こっているでしょう。

 

『よくわからないMyルールに縛られてイライラストレスを感じる』

って、冷静に考えてみるとめちゃくちゃバカらしくないですか?

 

なんで俺、自分で自分をイライラさせてるんだろう・・・

って感じですよね。

もちろん、『こだわり』にもメリットはあるので全てのこだわりを捨てる必要はない

もちろん、こだわりがあることによるメリットというのもあります。

 

  • (目標達成とかの場合)執念が生まれる
  • こだわりを持っている対象への審美眼が磨かれる

 

といったようなメリットはたしかにあります。

目, 女性, 顔, 瞳, バック グラウンド, バナー, 焦点, 観測, 見る

たとえば

ブログで収益〇〇達成するまでは死ねない!

みたいな強烈なこだわりを持てば

 

なんとなくやっている場合と比べて気が緩みそうになったときも

(いや、ここで折れるなんて俺のプライドが許さない!)

といったふうに心の支えや原動力になってくれることでしょう。

 

ほかには、たとえば

『普段つかう食器だけにはこだわり持ちたいなぁ~』

というような場合

 

自分は食器はつかえればいいやって感じで全然気にしていないのですが、

こだわりを持っている人がみれば

「この食器はデザインと実用性のバランスがすばらしい。

この食器は曲線美が美しすぎる。」

といったように、自分とは違った世界が見えてくるのだろうと思います。

 

こだわりを持つことで、対象への執念とも言えるような情熱が生まれたり、

審美眼を磨いてくれたり、

そういった効果はあると思います。

 

こだわりに縛られない。こだわりを上手く利用する。

ということで、良い感じにまとめると

 

・『考えに考え抜いた結果、ここだけはマジでこだわりたい!』と思えるようなところだけはこだわって

・後はこだわりをトコトン捨てていく

 

このスタンスが最強だと思います!

 

なんか自分でもよくわからないこだわりに縛られてしまうのではなく

こだわりを自分の意志で有効活用するイメージで行きましょう。

 

無駄なこだわりを捨てる まとめ

・こだわりを捨てるといろいろなことを試せるようになる

・こだわりを捨てるとよくわからないストレスが減る

・こだわることのメリットもある

・マジでこだわりたいと思うところだけこだわるのが最強

 

「ゲームは最低でも一本につき100時間はプレイしなきゃ、

ゲームやったとは言えないっしょ笑」

とかいう謎のこだわりを捨てた私の話はこちら。

あわせて読みたい
ゲームは時間の無駄なのか?本当の無駄は『やりこみ要素』このページを見ている方は、大なり小なりゲームに関心がある方が殆どだと思います。 ゲームってよくできてます。ホント。 ...

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA