考えたこと(オピニオン)

ゲームは時間の無駄なのか?本当の無駄は『やりこみ要素』

このページを見ている方は、大なり小なりゲームに関心がある方が殆どだと思います。

つるぎ
つるぎ
ゲームって楽しいですよね。

ゲームってよくできてます。ホント。

 

人を熱中させる仕組みが至るところにちりばめられている。

個人的には、この世で一番、人を動かすのがうまい人は、ゲームを作っている人たちなんじゃないかなって思います。

 

当然、プレイするとそれはもうズルズルとハマってしまうわけで笑


んで、ゲームの話題となると、よく言われるのが

『ゲームは時間の無駄』

という話。

 

果たしてゲームは本当に時間の無駄なのか?

 

これに対する自分の答えは

『ストーリークリアまでは無駄じゃない。やりこみ要素からは無駄』

というものです。

(コアゲーマ―の方々からは怒られそうですが笑

あくまで自分の考えですので!そこんとこはよろしくお願いします笑)

 

この記事では、自分がゲームについて思っていることを書きます。

created by Rinker
任天堂
¥5,700
(2019/05/26 22:55:53時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

自分のゲームのプレイ時間の変化

自分は小・中学生のときと、高校以降とではプレイスタイルがかなり変わりました。

 

小中学生のときは、その歳にしては珍しく、ひとつのゲームをひたすらやりこむ子供でした。

ふつう、小・中学生、特に小学生の時なんかは、やりこみなんて概念もないですし、

周りの友達といえば、

 

新しいソフトを買って、ちょっとやって

ひととおりクリアするなりなんなりしたら飽きて、

次のゲームを買って・・・

 

という感じでしたが

 

小学生にしてはやくも厨二病を発症していた自分は、

 

 

つるぎ
つるぎ

ストーリークリアだけで満足するとか、おこちゃまだな・・・分かってないぜ。

”プロ”はストーリークリアをしてからが本番

 

 

とかクサいことを思いながら、一つのソフトをやり込むことに熱中していました。

 

まあ、ゲームのプレイ時間って

・オフラインのゲーム

・オンラインのゲーム

・オンラインの中でもとくにMMO系

 

とで平均プレイ時間に差がありすぎるので、

そのへんの感覚を共有しとかないと話があわないのですが、それはまた別の記事で書きます。

 

書きました。

あわせて読みたい
ゲームのプレイ時間の話は前提を確認してから。1000時間は長いのか? ゲームの話をしていると、たまにゲームのプレイ時間のお話になりますよね。 自分はこのゲームを何十時間やった、何百時間やった、...

自分が小中学生のとき、特に長いことやっていたゲームは

  • スマブラ X 2000時間
  • ポケモン 1600時間(ダイパ バトレボ BWなどを合わせた数字)
  • おいでよ!どうぶつの森 800時間

 

の3つ。

オンラインじゃないただのRPGとかでも、

クリアして、さらに裏ボスも倒した後、

とにかくステータスを極限まで上げたり、アイテムをコンプリートしたりとかでゲームを続けて、

 

 

つるぎ
つるぎ

1つのゲームのプレイ時間は最低でも100時間を超えてからが一人前。

それ以下はゲームに失礼。

そこまでやらずに「ゲームが好き」とか名乗るのは、恥を知ったほうがいい。

 

 

とかいう謎のポリシーを持ってゲームをやっていました。

(なんせ厨二病だったので・・・笑)

 

ちなみにこのような考えの時期があったからこそ、

「無駄なこだわりを持つのは人生を窮屈にするだけだよね」

っていう今の考えがあります。

 

こちらの記事もぜひ読んでみてください。

あわせて読みたい
こだわりを捨てるべき理由。無駄なこだわりで人生を窮屈にするな そう感じているあなたへ向けて という、私がいつも感じていることを力説します!笑 ...

 

 

なんですが!

 

高校に入ってからはうってかわって、

10時間とか20時間とか、長くてもせいぜい25時間くらいで終わるようなゲームを選んで

サクッとストーリーをクリアして

 

「あー楽しかった!次行こう!」

っていうのが最近のプレイスタイルです。

180度変わってしまいましたね。やり込みも全然しません。

 

(中学生のときの自分が今の自分を見たら

つるぎ
つるぎ
ゲームの良さを全く分かっていない!それじゃあゲームをしたなんて言えない!

とか言われそうな感じですが笑)

 

なぜここまでプレイスタイルが変わったのか?

 

 

自分は、

『ゲームをやっていて時間密度が濃いのはストーリークリアをするまで。それ以降は薄い』

ということに、あるとき気づいたのです。

ゲームは時間の無駄?ストーリークリアまではそんなことはない

ゲームをね、一通りクリアするまでの時間って、

やっぱり濃度が濃いんですよ。

  • 進んでゆくストーリー
  • 初めて見る新しいステージ
  • 新しい敵

 

などなど、新しいモノゴトにあふれています。

 

RPGだったら、

(ゲームを映画と同じとみなすのは無理があると思いますが、)

 

映画級とまではいかなくても、ストーリーがしっかり作り込まれてるゲームもあるわけで、

スポンサーリンク

  • 伏線回収
  • 人物関係
  • 主人公の葛藤

 

とかだって楽しむことができるわけです。

 

ストーリークリアまでは、プレイしていて、時間密度が濃い!笑

ゲームは、やりこみ要素からは『人間の欲求』を満たしているだけ。時間の無駄

10時間なり20時間なりでゲームを一通りクリアした後、やりこみ要素をやってる間って

つるぎ
つるぎ
楽しみが薄いな

って、あるとき気づいたんですよ。

 

それまでは『やりこむのが通っぽくてかっこいい』

ってなんとなく思ってたんですが。

 

当然、同じことを長いことやってるとマンネリ化してくる、飽きてくるのもありますし、

 

何より、

・アイテムコンプリート

とか

・ステータスをMAXまで上げる

とか、こういうのって

 

『ゲームそのものの楽しさ』

じゃなくて

つるぎ
つるぎ
人間が元々持つ欲求のおかげで成り立ってるだけだな

って思ったんです。

 

そもそも人間って、収集癖・コレクション欲とか、

「最後まで突き詰めたい欲」とか、あるわけですよね。

人によって欲求の大小はあるとは思いますが。

 

・ここまで来たからには最後まで極めたい

とか

・アイテム欄に空欄があるのはなんか嫌

みたいな。

 

ストーリーをクリアするまでの間は、ゲームそのものが楽しいですが、

やり込み要素になるとこれはもう『人間の欲求』ってもんがあるから楽しいだけで、

 

ゲームが持っている楽しさではないなって思うようになったんです。

 

 

 

ニッパチの法則ってあるじゃないですか。

ゲームで言えば、最初のストーリークリアまでの部分が2割の部分にあたるんでしょうね。

 

ストーリーをクリアしてる間は『ゲームが楽しいから』やるのに、

そっから先、やりこみとなると、惰性でやることがほとんどです。

 

 

つるぎ
つるぎ

それなら、ストーリーだけサクっとクリアして、

やり込みなんかやんないで、他のゲーム始めちゃった方がいいかな

 

って考えるようになったので、高校にはいってからは、あんまやりこまないプレイスタイルなんですね。

 

たとえばですが、

ひとつのゲームを250時間やりこんだとしたら

(中二のときの自分のゼノブレイドのプレイ時間の話ですが・・・笑)

created by Rinker
任天堂
¥5,212
(2019/05/26 22:55:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

20時間でストーリークリアできるゲームだったら12本もクリアできるわけですよ。

 

250時間を使って12本ゲームをクリアしてもいいですし

 

ゲームをクリアするのはまぁ1本か2本程度にしといて、

空いた時間を旅行とかスキルアップとか他のことに使ってもいいわけですよね。

 

ゲーム自体が時間の無駄だとは思いませんが、(っていうか自分自身ゲーム好きなので)

やりこみ要素を惰性でやっているのなら、その時間はもっといい使い方があると思うよ、っていうお話でした。

 

ゲームは時間の無駄?まとめ

 

まとめ
  • 自分はやりこみ派からライトプレイ派に変わった
  • 惰性でやりこみ要素やってない?それは人間の欲求というものがあるからかろうじて成り立っているだけかもしれない
  • ストーリークリアだけして次にいくのが、個人的に思う、いい時間の使い方
created by Rinker
任天堂
¥5,700
(2019/05/26 22:55:54時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA