LINE モバイル(格安SIM)

ちょっと待った!ラインモバイルはデメリットだらけ?利用者本音レビュー


↓クリックで公式ページに飛びます。↓

LINEモバイル

ラインモバイルのデメリットを、実際に使っている私が本音で言っちゃいます!

 

ラインモバイル、最近話題になってきましたね。
と言うか、格安 SIM がかなり認知されてきましたよね。

最初は格安 SIM って

なんじゃそれ?安いって事は、なんかしょぼそう

っていうイメージが強かったと思うのですが

  • UQ モバイルだとか
  • 楽天モバイルだとか
  • ライン モバイルだとか

色々出てきて

もしかして、意外といいのかな

って、あなたも思い始めたんじゃないでしょうか。

特に、ラインは日頃使っているアプリというだけあって馴染みがありますから、
なおさら気にもなりますよね。

けどやっぱり、

安いってことは何かしらのデメリットがあるんじゃないの?

って不安にもなりますよね。

そこで、この記事では
実際にラインモバイルを使っている私が、
ラインモバイルの、公式では書けないようなデメリットを大胆に書いちゃいます!

 

こんな”あなた”に読んでほしい

 

  • ライン モバイルに申し込もうか迷っていて、本当にラインモバイルでいいのか調べてる
  • ラインモバイルのデメリットを知りたいが、周りに使っている人がいない
  • 安いのは魅力だが、安いということは何らかのデメリットもあるんじゃないかと思ってる

 

 

ラインモバイルのデメリット1:意外とそこまで安くない

格安 SIM って言ったら、月の使用料は1000円~2000円くらい?

っていうイメージありませんか?

実際、ラインモバイルも一番安いプランは月500円から使えます。

ですが、これはデータ通信量が少なすぎて現実的なプランではありません。
実用的なプランは、やはり月々2000円ちょいぐらいはします。
詳しい料金プランを、わかりやすく知りたい方はこちらをどうぞ。

あわせて読みたい
ラインモバイルの料金って実際どのくらい?現実的なのは2200円程度!↓クリックで公式ページに飛びます。↓ LINEモバイル ラインモバイルは、メインのスマホで使うとしたら、 現実的な料金とし...

ちなみに、これは通信料だけ。
これに本体代も加わってきますから 本体代が月2000円だとしたら、合わせて月4000円ちょいはかかることになります。

なんか、最初の

格安 SIM って月1000円くらいで使えるの?

っていうイメージと比べたら、意外と高くないですか?

それでも、普通のスマホで6000円とか8000円とか払うのと比べたら安いですが。

あと、個人的におススメな方法は、ハイスぺなスマホをメルカリとかで中古で安く買って、費用を抑えること。
もちろん、今あなたが使っているスマホをそのまま格安SIMに変更することもできます。

その場合はSIMロックの解除というのが必要になってきます。これはまた別で記事を書きます。

ラインモバイルのデメリット2:キャリアサービスが使えなくなる

例えば

  • au キャリア決済とか
  • au スマートパスとか
  • おサイフケータイとか

そういう、

  • au ならでは
  • ドコモならでは
  • ソフトバンクならでは

っていうサービスありますよね。

ラインモバイルに変えると、そういったサービスは使えなくなります。
とはいえ これらのサービスって、そもそもあんま使わないんじゃないでしょうか。
しいて使うとしたら、キャリア決済ぐらいでしょうか。

今のところ自分は、ライン モバイルに変えて

つるぎ
つるぎ
おサイフケータイが使えないから不便だ!

とか感じたことはありません。

ラインモバイルのデメリット3:キャリアメールも使えなくなる

キャリアメールっていうのは

  • docomo.ne.jpとか
  • ezweb.ne.jpとか
  • softbank

とかいうメールアドレスのことです。

もし今、あなたがこれらのメールアドレスを使っているなら、Gmailとか別のメールに乗り換える必要があります。
元々 Gmailやヤフーメールあたりを使ってるなら、何も問題はありません。

ラインモバイルのデメリット4:店舗で買うなら、都内の人しか買えない

au とかドコモとかソフトバンクのスマホなら、全国どこでも
携帯ショップに行けばとりあえず買えますが

ラインモバイルはまだそこまで一般的じゃないので、取り扱ってる店舗が全国で10店舗くらいしかありません。
しかも多くが東京に集中していますので、地方に住んでいる人は店舗に行って買うのはちょっと難しいです。

ただ、ネットで簡単に買えるので、そこはご安心を。
注文したら2日くらいですぐ届きます。

あわせて読みたい
ラインモバイルの申し込み・契約はネットでOK!店にいかなくてもいい? ↓クリックで公式ページに飛びます。↓ LINEモバイル ラインモバイルの申し込み・契約は、店に行かなくてもいい! ...

ラインモバイルのデメリット5:低速モードへの切り替えができない

契約会社によっては

別に動画を見るわけじゃないし・・・

って時は、通信量を節約するためにわざと低速モードに切り替えることができるものもありますが
ラインモバイルはこれができません。常にフルパワーで使い続けることになります。

ラインモバイルのデメリット6:バーストモードが使えない

バーストモードっていうのは、通信制限になった後でも読み込みを早くしてくれる機能のことです。
通信制限がかかった後でも、ページを開く最初の一瞬だけ通信速度を加速できる、といったイメージです。

これによって通信制限がかかった後でも、そんなに重くないサイトであれば一瞬で読み込みを終わらせてしまって、快適に見ることができるのですが
ライン モバイルにはこの機能がありません。

ラインモバイルのデメリット7:電話を使えるようにすると1年縛りが発生する

ライン モバイルは普通、電話は使えるプランで契約することになります。
電話 SNS など細かいプランの話を知りたい方はこちら。

あわせて読みたい
ラインモバイルのSMSや電話について。プランによっては使えます!↓クリックで公式ページに飛びます。↓ LINEモバイル ラインモバイルは格安SIMですが、 SMSも電話も、どっちもバッチ...

電話を使えるプランで契約した場合、1年縛りが発生します。
1年経たないうちに契約を解除すると、約1万円の解約料が発生します。

二年縛りじゃないだけマシですが、一応注意しておきましょう。

ラインモバイルのデメリットを紹介したが、いいところもたくさん。

この記事はラインモバイルのデメリットを、公式とちがって遠慮なく紹介する記事でしたが、
もちろん、いい面もたくさんあります。

つるぎ
つるぎ

実際、自分も使ってるしね!

株式会社イードという、データを調査する会社が、格安 SIM の会社ごとの満足度を調査していまして
2017年度では、ラインモバイルは格安SIMの中で最優秀賞をとるという快挙を成し遂げています!

そして、なんだかんだでユーザー総合満足度も93%という高い数字。

カウントフリーという、SNS使い放題になる便利な機能もありますし、

あわせて読みたい
ラインモバイルのカウントフリーって実際便利?ライン通話かけ放題は強い ↓クリックで公式ページに飛びます。↓ LINEモバイル ラインモバイルはカウントフリーというサービスにより ...

スマホ本体を、中古買うなり、今使ってるやつをそのまま格安SIM仕様にするなりで費用を抑えれば
毎月のスマホ使用料が2000円~3000円くらいで済むようになるわけですし。

もともと毎月スマホに8000円くらい払ってたとしたら
ラインモバイルに変えると5000円~6000円も安くなることになります!
6000円あったらモノによっては服一着買えますよね。

ここまでデメリットを羅列してきましたが、
それを踏まえてでも、ラインモバイルをおすすめできるか、できないかで言えば

余裕でおススメできます!

つるぎ
つるぎ

しつこいけど、実際自分も使ってるしね!笑

ラインモバイルはとにかく公式ページがわかりやすいので
気になったら一度見てみてください。

プランとか、わかりやすく載っていますよ(^▽^)/

↓クリックで公式ページに飛びます。↓

LINEモバイル

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA